2013年12月29日(日)
 年末年始の営業
 失望している
−アメリカ−

○ウッドペッカー 年末年始の営業
 年末は、大晦日(12/31)の午後6時まで営業します。
  時代はずいぶん変わってきましたが、ウツドペツカーは今年も
  12月31日/午後6時まで営業させて頂きます。
 年始は、8日(水)/午前10時から営業します。

○失望している
ーアメリカー
 安倍首相が靖国神社に参拝し、中国・韓国、そして、アメリカまで
 「失望している」と反発を強めています。

 産經新聞・ネット世論は賛成が多いようですが、こちらは極端な意見?です。
 読売新聞でさえ
 
「この微妙な時機に靖国神社に参拝し、政権の不安定要因を自ら作って
  しまったのではないか。・・・。首相は、靖国神社の境内にある「鎮霊社」
  に参拝したことも強調した。靖国神社には合祀されない国内外の戦死者らの慰霊施設である。
  そうした配慮をするのなら、むしろ千鳥ヶ淵戦没者墓苑に参るべきではなかったか。
  
今の靖国神社には、天皇陛下も外国の要人も参拝しづらい。無宗教の国立追悼施設の建立案を
  軸に誰もがわだかまりなく参拝できる方策を検討すべきである。

 
と社説を載せました。
 そして、与党の公明党代表も「賛同できない」と反対したと言います。

 「何故、この時期に!」と呆れてしまいました。

   五輪招致の「嘘(The situation is under control)」、
     原発再稼働、原発輸出、・・etc、
     
好き勝手にやっている安倍さん!! 
      多くの国民が怒っています

     いつまで続きますことやら。。。。




2013年12月23日(月)
 地産地消でパン作り!!
 
−世田谷/松原産の 季節限定フルーツシリーズ
 アマチュアということば=猪瀬都知事

  −最低の都知事だった!!<ですね>−


○地産地消は最高!!!
 地元/世田谷区/松原で収穫した「柿・キウイ・柚子」をパンに入れてみました。
 柿とキウイは、私/後藤が開花から収穫まで手塩にかけた逸品です。
 (形が悪くても、無農薬・無化学肥料で手塩にかけて作った果物/野菜は安心で美味しいですよ)
 
 *柿ジャムパン
  柿に少〜しの砂糖を加え煮て、たっぷり熟成させました。
  味は、ウッドペッカー独特の優しい素朴な味です。
  
(形を柿に似せようと工夫しているので、毎日 形が違っています)
    
 *キウイフルーツのパン
  以前、ニュージーランドを旅したときキウイと出会いました。
  好き好きがありますが、キウイ特有の酸味は格別です。
  
キウイの木には、雄とメスがあります。
   受粉はミツバチなどが手助けしてくれるのですが、雄の花が先に咲くので
   なかなかうまくいきません。
   そこで、雄の花を取りとっておき、後から咲いた雌の花に一つ一つ受粉させます。

  
(うまく花粉が付かないと、小さな果実になってしまいます)
   
 *柚子入りクリームパン
  この時期、世田谷でも黄色くなった柑橘類を多く見かけます。
  小さな実を多く付けているのが柚子です。
  柚子の香りは、日本料理に欠かせません。
  自家製カスタードクリームに柚子、日本の味です。
  
(友人の庭先になっている柚子をもらいました)
   

○その他の新メニューは
 *ココア入りクリームパン
   ココア味のクリームパンです。
   カスタークリームで「顔」を書いたのですが・・・。
    
 *カレーパン
   通常のカレーパンは、包みやすくする為に小麦粉を多く入れ固めにします。
   しかし、美味しくありません。
   そこで、パン生地でカップをつくり中にカレーを流し入れました。
   材料は、タマネギ・ひき肉・人参・カレー粉・バナナ・トマトソース・レーズン・
   ココナッツ・ウースターソース・塩・香辛料等々です。
   飾りにマヨネーズで「カレー」と書いたつもりですが、読めるでしょうか。
   
 
 *寒い時期になったので、アップルパイ、チョコパイ、スイートポテトパイ。
  クロワッサン、コーヒーのクロワッサン、リンゴジャムのクロワッサン。
  ベイクドポテト等を復活させました。
  そして、毎日新しいパンに挑戦しています。
 
 メニューページの更新遅れて申し訳ありません。
 随時行って行こうと思います。ご容赦下さい。

○アマチュアということば=猪瀬都知事
 猪瀬知事が辞職するになりましたが、その会見でアマチュアという言葉が飛び出しました。
 都知事選に出馬しようとしている人物が、行政とつながりのあるであろう業者等から
 金を借りる、それも、無担保・無保証です。
 アマチュアという以前に、社会人失格です。
 猪瀬さんの後見人は、石原慎太郎です。この人はどうなのでしょう。
 
 ところで、都知事が自ら違法行為??を行い辞職する事になり、「広報東京都」が
 一部刷り直しになったと言います。
 その刷り直しの費用は、都の予算から支出されます。
 都の予算は、都民が負担しています。
 これって、納得できますか?



2013年12月15日(日)
 猪瀬都知事の先生は?

○徳州会からの5000万円問題、都議会総務委員会で追及され、
      汗が背広にポタリ・ポタリ!!
    猪瀬都知事は恥をさらし続けています。
  
以前、私/後藤も、この総務委員会に席を置いていましたが、
     こんなに注目されたことはありませんでした。
      
都議会は、陰湿なイジメがお得意です。

 猪瀬さんの先生は、前都知事/石原慎太郎です。
 つまり、猪瀬さんは石原慎太郎の「まね」をしただけ?
????
 一つ違うのは、石原慎太郎より小粒だった!!と言うことでしょう。
 しかし、石原慎太郎にすり寄った政治家は、トラブルに巻き込まれることが
 多いようです
何ででしょうか?

 
猪瀬さん、変な気をおこす前に、
   本当の事を話して、
 早く辞職する事をお勧めします。


 政治絡みが続いてしまいました。
 次回は、パンの事を・・・。



2013年12月8日(日)
 情報は誰のもの?

特定秘密保護法が成立してしまいました。
 賛成した国会議員は何と愚かなのでしょう。


 私/後藤は、昭和61年から情報公開に取組み、世田谷区・東京都に対し、
 多くの情報公開請求を行い、その情報を使い、多くの無駄使いを
 是正、返還させてきました。
 役人は組織になると、都合の悪い文書は「黒塗り・非公開」にします。
 そして、追及すると、隠し、捨るのです。
 信じられないような話ですが、役人から
文書を隠された、捨てられた経験
 何度もあります。
 都庁の官官接待を追及し、幹部職員から8億1千万円を返還させた時には、
 保存されていた平成4年度の文書が廃棄され、2億円以上の金を
 返還させる事が出来ませんでした。
 
 
主権在民、情報は国民のものです。
 特定秘密保護法は、廃案にして一から作り直すべきです。


 東京新聞(2013.12.8)に「
特定秘密保護法 官僚制に“鎖”をつけよ
 との
社説が載っています。
 その通りだと思います。東京新聞WEB版がありましたので、貼付けておきます。
 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013120802000138.html
 
 「反対」の声を無視し、成立した特定秘密保護法は、官僚が情報支配する道具だ。
   国会議員は目を覚まし、官僚制にこそ“鎖”をつけるべきである。
   
<自らの支配者たらんとする人民は、知識が与える力で自らを武装しなければならない>
   米国の第四代大統領のジェームズ・マディソンは、一八二二年に知人宛ての手紙にそう書いた。
   日本の支配者は、主権者たる国民のはずである。その国民が情報を十分に得られなかったら…。
   マディソンはこうも書いている。
   <人民が情報を持たず、または、それを獲得する手段を持たないような人民の政府は、
   喜劇への序幕か悲劇への序幕にすぎない>
 ◆善良でも「省益」に走る
  政府には喜劇であり、国民には悲劇である。主権者たる国民は本来、支配者の自覚で、
  情報がもたらす知識の力で「武装」しなければならない。
  それゆえ、憲法は「表現の自由」を規定し、国民は「知る権利」を持っている。
  だが、膨大な行政情報を握る官僚制は、もともと秘密主義をとりたがる。国民に過少な
  情報しか与えない仕組みになっている。
  「『職務上の機密』という概念は、官僚制独自の発明物」と看破した社会学者マックス・
  ウェーバーは、こう述べている。
  <官僚制的行政は、その傾向からいうと、つねに公開禁止を旨とする行政なのである。
  官僚制は、その知識や行動を、できることならどうしても、批判の眼(め)からおおい
  かくそうとする>
  これは情報公開制度を使った経験のある人なら、容易に理解するはずだ。「非開示」
  の通告を受けたり、真っ黒に塗りつぶされた文書を“開示”されたりするからだ。新聞記事すら、
  黒く塗りつぶして、「公開」と称する。
  個人として善良な官僚たちでも、組織となると独善に陥り、「省益」を守るべく奔走する。
 ◆無力な国会でいいのか
  特定秘密保護法は、さらに官僚制に好都合な装置だ。行政機関の「長」の判断で、
  重要情報を国民の目から覆い隠せるからだ。「安全保障」のワッペンさえ貼れば、
  違法秘密でも秘匿できる。
  先進国の中で、官僚制にこれほどフリーハンドを与えている国はあるまい。
  欠陥がぼろぼろと出てきたため、政府は改善と呼ぶ提案をトランプのカードのように
  次々と切ってきた。「保全監視委員会」を内閣官房に、「情報保全監察室」を内閣府に…。
  だが、行政機関を身内の行政機関が客観的に監視できるはずがない。法律本体が欠陥なのだから、
  取り繕う手段がないのだ。それならば、いったん成立した法律を次の国会で廃棄するのが、
  最も適切な対応だと考える。
  首相や与党幹部は、考え違いをしていないか。自民党の石破茂幹事長は「絶叫デモはテロ行為
  と変わらない」とブログに書いた。
  同党の町村信孝氏も「知る権利が国家や国民の安全に優先するという考え方は、基本的に間違い」
  と述べた。憲法を否定し、「主権在民」ではなく、「主権在官」だと言っているのに等しい。
  国民あっての国家であることを忘れてはいないか。
  安倍晋三首相が目指すのは「美しい国」だ。世界中の民主主義国家では、多種多様な意見が
  ひしめき合うのを前提に成り立っている。
  安倍首相の頭には、整然とした統制国家があるのではないかと思える。
  秘密保護法はまさに情報統制色を帯びている。だから、国民の代表者である国会議員をも
  処罰する規定を持たせている。特定秘密には国政調査権も及ばない。議員はまるで無力である。
  国会は政府の言いなりの存在になる。
  国権の最高機関よりも、行政権が優位に立つ不思議な国の姿になろう。
  三権分立を崩す法律には、議員こそ反対すべきだった。その反省に立ち、議員らは官僚の
  暴走を食い止める“鎖”となる仕組みを構築するべきだ。
  過去の情報漏えい事件は、ずさんな管理が原因のものばかりだ。むしろ、官僚に対して、
  命令形の用語を使った情報管理システムをつくったらどうか。
  「情報は国民のもの」という原則で、情報公開法を全面改正する。公文書管理法も改正し、
  行政に説明責任を果たさせる-。官僚制に“鎖”をつける方法はいくらでもある。
 ◆知識で武装するために
  首相は「国益」というが、これまでの経験則では官僚が狙うのは「省益」だ。
  「国民の利益」はいつも置き去りとなる。
  民主主義を機能させるには、国民は情報がもたらす知識で「武装」せねばならない。
  少なくとも情報公開法と公文書管理法の抜本改正という、トランプのエースのカードを
  国民に与えるべきである。

 


2013年11月23日(日)
 秋を満喫
 都民を裏切った猪瀬直樹!!

○秋を満喫してきました。
 11月23日 ほったらかしの湯
からの日の出 です。  
   
 小春日和、雲ひとつない青空です。足を伸ばして大菩薩峠へ。
 海抜2000メートルからの南アルプスです。
 素晴らしい!!の一言でした。
   

○「徳州会グループからから現金5千万円借りました」と認めた猪瀬知事、
 マスコミからの質問に、答えられず、説明も二転三転しています。
 どこかの議員であれば、「またか!!」と思うとこですが、国鉄民営化など
 追及型の作家として名を馳せた方です。
 私/後藤が、都庁の官官接待事件で幹部職員から8億円を返還させたとき、
 猪瀬さんは情報公開の方法についてパン屋まで取材にきました。
 そして、私が都議会に在籍していたとき、猪瀬さんは副知事になり、
 始めのうちは都庁の改革を期待していました。
 しかし、石原さんに毒され、ガッカリしていました。
 その猪瀬さんが、問題が多い徳州会から現金5000万円を借りた!!と聞いて
 ここまで酷かったのか? と、ただビックリです。
 
 猪瀬さんは、石原前知事の後継指名を受け都知事になった方。
 徳州会への挨拶回りも、多分、石原さんの関係??でしょう!!
 石原さんは、水谷建設事件など金に関する疑惑が多い人物です。
 つまり、猪瀬さんは、確信犯と言うことてでしょう。
 都民を裏切った猪瀬直樹は、辞職すべきです。



2013年11月17日(日)
 国産小麦の産地
 たぬきとおはよう!
 南相馬にラスク800個
  
−いつか きっと 皆の庭で 咲いてほしい−

○メニュー偽装と言われないために、材料の洗い直しをしています。
 ウッドペッカーの国産小麦は、
   
多田製粉の「醍醐味」
 を使用しています。
 改めて産地をメーカーに問い合わせてみました。
 2年前までは、「北海道・岩手・三重」の小麦のブレンドとの事でしたが、
 昨年から「北海道・三重」に変わっていました。
 これからは、毎年、産地を確認していこうと思います。

○パン屋の仕事は,夜明け前から始まります。
 3時過ぎに起き、 店まで自転車で出勤します。
 昨日(11/16)、パン屋にいく途中、たぬき(狸)が「おはよう(遭遇)」と・・・。
 世田谷にも狸がいるという話はきいていましたが、始めての体験に
 ビックリ!!!
 カメラのフラッシュにも驚かない狸、こちらの方が驚きました。
   
 
○南相馬/六角支援隊に、毎月ラスクを送っています。
 2011年4月から、今月で800個になります。
 六角支援隊から絵手紙が届きました。
     
 原発再稼働・原発輸出に突っ走る安倍自民党、昨日のニュースでは
 「エネルギーの安全保障の観点から全面否定することにはならない」
 と、幹事長が原発新設を全面否定しない発言まで・・・。
 自民党って最悪!! ココまで酷いとは思いませんでした。
 


2013年11月10日(日)
 偽装メニューと秘密保護法

○ウッドペッカーの自家製/スモークハム、材料の豚/もも肉の仕入れ先は
 玉電松原にあるスーパー「オオゼキ」です。
 昨日、
豚/もも肉を仕入れに行ったので、改めて産地とブランド名を
 確認してきました。
  
産地・・・・岩手県
  ブランド・・いわて純情豚
http://www.junjo.jp/brand/index.php?key=beef
 オオゼキの精肉担当者から、
 「もし聞かれたら、オオゼキに回して下さい。資料は揃っています」
 と言われました。

 それにしても、ほとんどの有名ホテル・デパートでメニュー偽装が発覚、
 日本中で偽装・嘘がまかり取っているようです。
 「ブランド志向」の日本人の心を 巧みに「くすぐった」 商法なのでしょう。
 政治家の嘘!!に慣れ・諦めている日本人も、まさか
    ホテル・有名デパート
 も・・・。これほど酷いとは思わなかったのですね。

 メニュー偽装は、
   マスコミが知らせ、
     消費者が怒り、
       マスコミが追及し
 ココまで明らかになりました。
 しかし、
  秘密保護法では、
   国民に大事なことでも、
    大臣/(役人)が特定秘密!!
     と決めたら
      闇の中です。
 
国民は、日本国デパートに「税金」を黙って!!!!払うお得意様、 
 そして、行政から様々な恩恵???を受ける消費者です。

 
 戦争ごっこはお断りです。
 もっと、怒らないと、取り返しのつかない事になってしまいそうです。



2013年11月4日(月)
 ハーブティー
 季節の変化とオリンピック

○ハーブティー
 菜園で収穫した「ビワ(枇杷)、ミント、しそ(大葉)」、真夏の太陽で乾燥させ
「ハーブティー」を作りました。
 写真 左のがビワ、薄い鮮やかなピンク?色、微かにビワの香りがします。
 写真 右がミント、薄い濁った黄色??、爽やかな香りです。
   
 そして、フランスパンに「しそ(大葉)」、ライ麦パンに「ミント」を入れ
 ただ今、販売しながら改良中です。

○恐怖/真夏のオリンピック
 10月まで大きな台風が 次々 日本に近づき、台風27号では大島に
 大きな被害が出ました。
 季節に変化が生じ、自然災害も多くなっているように感じます。

 2020年オリンピックが東京に決まり、マスコミには経済効果の話題が
 盛んに書き立てられています。
 浮かれてばかりいて良いのでしょうか?
  1. 開催期間は、7月24日(金)〜8月9日(日)の真夏です。
     梅雨末期の集中豪雨、真夏の暑さ。
  2. コンパクトな大会とは、都心を中心に競技開場があります。
     過密都市/東京 首都高速の交通渋滞
  3. 南海トラフ地震が心配です。
     地震と津波
 これらは、いくら金を懸けても未然に防ぐ事は出来ません。

 2016年オリンピック招致活動に付いて調査した資料があります。
 以下の都議レポートを参考にして下さい。
 各号をクリックしてみて下さい。全て本当の事です。
  都議レポート No12 裏面
  都議レポート No14 裏面
  都議レポート No18 表面
  都議レポート No20 表面

  都議レポート No21 表面
 


2013年10月28日(月)
 メニュー偽装

○メニュー偽装、まさかあのホテルまで、と唖然とします。
 「ザ・リッツ・カールトン大阪」で、「自家製パン」と表示しながら
 外部から仕入れていたというのです。
   
お客さんが 美味しい と納得????していたのだから!!
       という訳にはいきません
 厳しい商売・経営に打ち勝つためには、製造工程の合理化を考えます。
 機械化もするでしょう、仕入れ先も見直すでしょう。
 その結果、お客さんが分らないギリギリまで質を落したのが、
 メニュー偽装の始まりだったのでしょう。
 食に携わるものとして、あってはならない行為です。

 しかし、あなたの身近でも、いい加減な食材表示、そして、食材が
 多すぎませんか?
 
医食同源という言葉を思い出して下さい
   
医食同源
    病気を治す薬と食べ物とは、本来根源を同じくするものであるということ。
    食事に注意することが病気を予防する最善の策である。
    また、日ごろの食生活も医療に通じるということ。

 
ココからはパン屋の話
  
「焼立てパン」の看板を大きく掲げたパン屋さん、
    段ボールに入り、カチンカチンに凍った(冷凍)パン

     あんぱん・クロワッサン・メロンパン・等々
   を鉄板にのせ、膨らましてオーブン、そして、店頭へ!!
 
これでも、焼立てのパン???? には違いはありませんが????
 食パンなどの大型の食事パンなどは、店では焼かず、
 メーカーの工場からトラックで配送しているのです。
 保存期間が数ヶ月の段ボール入りの冷凍パン、当然,食品添加物が
 たっぷり入っています。
 これで、「焼立てパン屋」といえるでしょうか?

 そんな「偽装??パン屋」の見分け方は?というと、
 パン屋に入ったら、工場を見回してミキサーがあるか確かめる。
 或は、スタッフに「ミキサーはありますか?」と聞いて下さい。
 パンを作るには、「ミキサー」が必要なのです。
 
 添加物で一番驚くのは、ハムとベーコンです。
 スモーク(燻製)もしていないのに、堂々とハム・ベーコンと
 プライスカードに書いて、店頭に並べています。
 
メーカー側は、スモーク(燻製)の香りを付けるために、燻製液につけている
 
と弁解するでしょうが、煙は使っていません。
 
 (液体燻製=燻製液(いわゆる木酢液)に食品を漬けてその後、乾燥させる液体燻製という
       手間を省く手法が食品加工業界では多用されている。木酢液は市販もされているが、
       ほとんどは食用ではなく、食品用に精製されていない木酢液には発がん性物質
      (タール分)も含まれているので、食品には利用すると健康上の問題を発生させる事がある。
       食用に精製されたものは燻製液または燻液などの名称で販売されている。)
 本来なら、スモーク(燻製)することによって、乾燥し、水分が減るはずです。
 しかし、燻製液につけるため、材料の肉の重さより、出来たハム・ベーコンが
 重くなっている!!事をご存知とでしょうか。
 (煙のエキスをいれるだけ!!  燻製という作業を省いているのです)
 
お客さんは燻製液で増量された水を一緒に買っているのです。
 信じられない方は、以下の実験をして下さい。
  1. 白いトレイの上にのったハム・ベーコンを購入して下さい。
  2. 上記1.のハム・ベーコンを、トレイのまま、冷凍庫で凍らせて下さい。
  3. 上記2.を、冷蔵庫に移して下さい。
  4. ハム・ベーコンから水がトレイに上が溜っています。
 
 総理大臣の汚染水からホテルメニューまで、
がまかり通る世の中になって
 しまいました。
 毎日の食材にも、感心をもって買い物をなさって下さい。



2013年10月20日(月)
 南相馬の稲刈り/地元新聞
 嘘つきは泥棒の始まり

○南相馬/六角支援隊にいつものラスクを送ったところ、
 地元の新聞が送られてきました。
 よく見ると私/後藤が、丁度背中を伸ばしているところが
 写真の奥(
矢印)に写っていました。
    ____________________________________________________

   
    ____________________________________________________
 
 この南相馬で収穫した米に黒い斑点があり、以下のメモがついていました。
 
「これは付近で米を作っている田は他になかったことと、農薬を使わずに稲を
  育ててきたことから、カメムシが大挙して試験田に集中してしまったためです。」


○国会が始まりました。
 原発再稼動・原発輸出を押し進める安倍さん、どう考えても時代遅れ
 総理としか思えません。
 それに比べ、小泉さんは実に時代を読むのに長けています
 自民党の中にも、まともな議員がいる事を信じたいものです。

○嘘つきは泥棒のはじまり。
 汚染水が海に流れ出している事は、誰でも認めている事だと
 思います。しかし、日本の総理大臣/安倍さんはIOC総会のプレゼンで
 
「汚染水は福島第一原発の0.3平方キロメートルの港湾内に完全にブロックされている」
 と、言い切りました。
 日本の諺のとおり、
 
「嘘つきは泥棒の始まりとは、平気で嘘をつくようになると、盗みも平気でするようになる。
  嘘をつくのは悪の道へ入る第一歩であるということ」
  「嘘つきは泥棒の始まりだから、たとえ小さい嘘でも言ってはいけないよ」

 安倍さんは、
悪の道に入り込んでしまっているようです。



2013年10月14日(月)
 南相馬での試験米=合格・・・届きました。
 グレープフルーツ入りクリームパン

○南相馬=天のつぶ

  
 先月(9月22日)、南相馬で試験田の稲刈りボランテッイアに参加しました。
 六角支援隊
(原発事故から命と環境を守る会)が、仮設住民とボランティアの共有田
  として作った田んぼ/試験田
(小池長沼試験田=51a )です。
  
−9/24のブログに写真が載っています。−
 刈り取った米の放射能の検査が合格し、六角支援隊
から精米した米が自宅に
 届きました。
 品種は福島県が開発した「天のつぶ」、草取り・稲刈りに参加した「米」です。
 味わって食べました。

 田んぼの隣にある仮設住宅の方も、検査に合格したことにホットして、
 来年は、もっと積極的に参加してくれる事でしょう。
 
○グレープフルーツ入りのクリームパン
 変わり種のパンを作ってみました。
 中には、
ルビー色のグレープフルーツが入っています。
  




2013年10月1日(火)
 
都/交通局職員の犯罪の代償!!!
  ーぶっ殺すぞ− で 金20万円の賠償金を支払へ
  
○東京都交通局職員から、「ぶっ殺すぞ」との電話の判決が出ました。
  −−−金20万円を支払え−−−−−
 詳しい内容は、後日報告しますが、
 判決第二、に書かれているように、
  被告は、
   「
東京都交通局に勤務していた職員」、
 その都/交通局の職員が、元都議会議員に対して「ぶっ殺すぞ」とは、
 よっぽど私/後藤を,憎み,そして、嫌っていたのでしょうね!!!!!!
 電話をかけた場所ですが、
 都交通局の同僚の組合幹部と、新宿の居酒屋で飲んでいる席です。
 わざわざ、自分の携帯電話から、非通知にもせず私/後藤に
 電話をしてきたのです。
 「ぶっ殺すぞ」といわれれば、誰でも、恐怖を感じます。
 とりあえず、下に判決文の1ページ目と2ページ目をUP します。
     __________________________________________
   
     __________________________________________________
   
     ___________________________________________________



2013年9月26日(木)
 
パン屋の「看板」、直しました。
 
美瑛のライ麦を飾りました。
  
○ウッドペッカーの手作り看板、手直し イメージチェンジ?? しました。
 明るくなった気がするよ ! ! とお客さんからの声・・。
  

○店内に、北海道/美瑛の「ライ麦」を飾りました。
 ライ麦は背丈が1.5mほど、小麦より30cmほど高いようです。
 

 このライ麦、今年8月 北海道を旅した際、ウッドペッカーが作る
 「天然酵母のライ麦パン(カンパーニュ)」に使用している
 「ライ麦」の産地、美瑛に立ち寄り、持ち帰ったものです。
   ウッドペッカーの仕入れ先である
     →江別製粉(北海道)が契約している
       →北海道美瑛のJAびえい大町
        →のライ麦畑
         →から(JAの方に)抜いてもらいました。
 (今年8月、3.11 被災地巡りの旅)←こちらもクリックしてご覧下さい。
   


2013年9月24日(火)
 
南相馬/仮設住民とボランティアの共有田
  六角支援隊の小池長沼試験田(田んぼ=51a )
    −稲刈りのお手伝い−
  
 9/22(日)、早起きして、南相馬/六角支援隊の田んぼの稲刈りに参加しました。
 南相馬のボランティア/六角支援隊が、仮設住宅にお住まいの方々に
 元気を出してもらおう!!と企画し、カンパ等で作った田んぼです。
 朝、3時20分-世田谷(東京)発、8時3分-南相馬/田んぼ 着。
 8時過ぎには稲刈りが始まるだろうと、ほとんど休憩なしで車を走らせました。
 私/後藤は、8月に南相馬を訪れたとき、2日間 田んぼの草取りをやったこと、
 そして、台風の影響は? と 素人なりに田んぼの状態が心配でした。
  
                           
()写真右上が仮設住宅です。
  しかし、一面の黄金色!! うれしくなりました。
  
 コンバインで稲刈りをするのですが、水草?がいっぱいはえていた取水溝周辺
 (相当広範囲!!)は、人力で稲刈り!! 腰がいたくなりましたが、何とか
 他のボランティアの若者達と一緒に刈り取りました。
  
 しかし、コンバインの威力はスゴイの一言。
 12時過ぎに稲刈りが終わって、昼飯をごちそうになり、とんぼ返り。
 帰り道の飯館村に「
飯館村-村議会議員選挙」の看板()がありました。
  
 投票日は22日、つまり今日!!。
 今(9/24 20:45)、ネットで飯舘村のHPを見ましたが、
 
「詳しくは後日送付される選挙のお知らせをご覧ください。」
 と書いてあるだけです。
 飯舘村は自然豊かな素晴らしい土地、車で走っていると
 如何に自然を大切にして暮らしていたか分ります。
 村議の選挙といっても住民は村に住んでいない。
 有権者/村民が住んでいない村役場の脇に選挙の看板
 飯舘村の方々の悔しさが、伝わってくるような選挙の看板でした。

 お米の放射能検査ですが、一週間前に行った事前の検査は合格でした。
 最終的に、9月29日に検査結果が分るそうです。
 六角支援隊は、来年も田んぼを作り仮設の方々に参加してもらおうと
 計画しています。
 最終検査に合格すれば、仮設にお住まいの方々も
 「
来年は米作り参加しよう
 と思ってくれるでしょう。



2013年9月20日(金)
 
ウッドペッカーと行革110番のブログを一つに!!
  
 ウッドペッカーのお客様、食に感心のある方、税金の使われ方に感心のある方、
 そして、脱原発・再生可能エネルギーに感心のある多くの方々にHPを見て頂き
 社会・地域に貢献するパン屋を目指そうと、今日から ブログを一つにまとめ、
 発信していこうと思います。
 宜しくお願いします。


             戻る