2015年3月29日(日)
 都議会/費用弁償 また 先送り!!
  ー
自民・公明・民主は 小遣い稼ぎ???

○昨日(2015.3.28)の東京新聞、都民を馬鹿にする都議会議員の実態を
 しめす記事(
)がのっていました。
 私/後藤が、以前 都議をやっていた8年間、全て実費精算をし、
 差額(1万円
(費用弁償)ー実費(明大前〜新宿=260円)=9740)を
 法務局に供託していました。
 その額は8年間で200万円を超えました。
 
この200万円、受け取っていれば、全て小遣い!! 
  もちろん、うけとっていませんょ!!

 記事を読んでみて下さい。
 都民馬鹿にし 小遣い稼ぎをする
都議達自民・公明・民主を許してはダメです。
    _______________________________________________________________



     _______________________________________________________________

○ところで、共産・ネット、etc、の中で、実費との差額を法務局に供託している
 都議は、何人いるのだろう?
 供託せず、1万円を懐に入れていれば、同じ穴の狢ですね。



2015年3月22日(日)
 育てた野菜を使ってパン開発
 森の喫茶店 あみん

○化学肥料を使わない、無農薬 の野菜って、最高!!
 そこで、パンの材料に!! と野菜づくり励んでいます。
 と言っても、野菜は出来て新作パンに四苦八苦です。

 今回登場したのが、
  
ツナと明日葉/150円
    
  
京菜とチーズ/150円
    
 どちらも、包めるだけの明日葉と京菜が入っています。
 野菜 本来の味を出す事ができているか????? 心配ですが。

○山中湖にある 「森の喫茶店 あみん」 に行ってきました。
 オーナーの樋口さん、喫茶あみんのマスターをする傍ら
  山中湖村で無駄使いをする悪い役人を懲らしめる
 素晴らしい仲間です。

 喫茶あみんを訪れる 
  リス・シカ・ムササビ・小鳥
 の動画が載っているHPがあります。是非 ご覧になって下さい。
  http://www.mfi.or.jp/amin/index.htm



2015年3月15日(日)
 3.11から4年
  ー南相馬/六角支援隊に送ったラスク=4年で約1200個−

○3.11から4年が過ぎました。
 「
3.11から4年、六角支援隊の活動に終止符を打ちたいと思います
 というお手紙を、会長の大留さんから頂きました。
     ___________________________________________________
   
     _________________________________________________________

 六角支援隊は、福島の南相馬で被災者/仮設にお住まいの方々を支援する
 ボランティア団体です。
 大留さん、仲間の皆さん、本当にご苦労様でした。

 ウッドペッカーは、六角支援隊に毎月ラスクを送っていました。
    

 
数えてみると、
  4年間で約1200個のラスクを送らせてもらいました。
 これからも、
  形を変えて支援を続けていこうと思います。

 


○2013.3.11からのブログを抜粋して以下に載せました。
 
_____________
*2011年5月8日
 1月9日から更新するのを「さぼって」しまっていた。
 パン屋が忙しく、やっとの思いで裁判だけ続けていたが、3月11日の地震。
  店の裏に置いていて倉庫代わりのフリーザーが転倒し(↓)、
       
  その上、店の北側にある寿司屋さんの2階の瓦が落下し、逃げ出していたら××。
  そして、店内の壁に亀裂ができた!!

 スーパーマーケット、コンビニからパンが消え、庶民はパニック状態。
 パン屋は大忙し、パンを作っても作っても足らず、小麦の在庫がある限りと思っていたが、
 次に、パンの材料「牛乳」の工場がストップ、そして、北海道/よつ葉バターが品切れに。
 
 なんとか落ち着くまで1月ほどかかった。
 
 4月23日、田中康夫さんと一緒に「南相馬」に行き、前日の夕方に焼いたパンを避難所に
 届けてきた。
   
     ↑ 南相馬市役所で桜井市長にもパンを届けた。

  原発被害で苦しむ福島。
  東電 そして 国に怒りを覚えた。
  東京都からも東電に天下った連中を知っている。
  
 原発の 安心・安全。コストが安い!!
    全て 嘘!! 
    と証明された。
  原発はいらない!!  
 ガンバレ! 南相馬!


 南相馬から仙台に向かって車を走らせると、右手 見渡す限りの 津波につめ跡 が!!
 海岸に近づき、360°カメラを動かした。
  

  

  

  

  

  

  残骸の中にコケシが一つ、涙がこみ上げてきた。

 ______________
*2011年8月1日
  
3.11 被災地を巡る旅−1回目− レポート全文はここをクリックして下さい。
 
津波の被災地、福島第1原発  その2
   −8/1 福島/南相馬で桜井市長と−

 
◎国道6号線の復旧は不可能だ。
   
国道6号線/立入禁止個所まで車を走らせることにしていた。
   「広野」を過ぎると交通量がめっきり減ってきた。
   やっと立入禁止の看板が見えてきた。テレビでよく見た場所だ。

     
   
すぐに警官がよって来た。
   「南相馬」に行きたいと言うと、
   「
脇道はないので、「いわき」まで戻り、郡山-福島経由で行ってほしい」という。
   仕方ないので、常磐高速でいわき(30km)まで戻り→小野から349号線を北上した。   
   国道6号線は
福島第1原発からまで約2.5Km しか離れておらず、諦めるしかないだろう。
   
   
全村避難した飯舘村、家は全てカーテンがかかり、寂しくなった。
   この県道12号線が6号線の抜け道になっており、交通量も多く、
   ほとんどの車がスピードを出して抜けていく。
   飯舘村の生活道路には、救急車と消防車が「カーン・カーン」と
   鐘を鳴らし警戒(
)していた。
   
 

  
やっと夕方、目的地南相馬市についた。
  
南相馬市の桜井市長に「職員と一緒に食べて下さい」とラスク(焼き菓子)を以前から送っていた。
  今回は宅急便代をうかすために、直接、秘書課にもっていくことにしていた。
  丁度、秘書課の入り口で桜井市長にバッタリと会い、手渡すことが出来た。ラッキー!!

   
   
   
宿で手配をしていなかったたので、桜井市長から友人が経営している
   ビジネスホテルを紹介してもらった。
   このビジネスホテル「六角」、福島第1原発から20kmの警戒線から200メートル
   しか離れていない。4/23に田中康夫さんと一緒にきた災害ボランティアの拠点だ。

   

   
夜、宿の窓から外を見ると、警戒線で通行止めを行なっているパトカーの明かりがを
   みえる。

   

   
夜、仕事を終えた桜井市長が「六角」に来てくれ、
   津波、放射能、避難、マスコミ、等々の話を、直接、聞くことが出来た。
   桜井市長も被災者、ご自宅は20km圏内、ご家族は仮設住宅に入っているという。
    
被災した南相馬市に対し、外国の特派員は入ったが、放射能を怖がった
     大手マスコミが現地取材を行なわず、すべて電話取材だったという。
     また、牛肉の稲わらが問題になったとき、まるで該当農家を犯人探し紛いの
     取材を行なっていたと言う。

   

○津波の被災地、福島第1原発  その3
   −8/2 写真の洗浄ボランティア−


 南相馬で写真の洗浄ボランティア→6号線を北上-若林区-仙台
 
 
◎桜井市長の朝のマラソン、被災者への鎮魂!
  
桜井市長が毎朝海岸へマラソンをしている、と聞いて、お邪魔した。
  津波の犠牲者への鎮魂のため、小さな貝殻を拾っていた。

   
  
 
◎流失物洗浄ボランティア
  
海岸からの帰り道で、泥まみれになっているアルバムを見つけた。
  今日、流失物(写真)洗浄ボランティアを予定していた。
  アルバムには、家族の楽しそうな写真がたくさんある。元気でいることを祈った。

   
  
  
南相馬ボランティアセンターで手続きをして、津波で泥まみれになった
  写真の洗浄をやらしてもらった。。
  泥を水で落し、泡の洗剤で丁寧に汚れを落とす。祈るような気持ちでだ。
  印画紙が劣化していると、丁寧にしているつもりでも、写真の顔が消えてしまう。
  涙ぐんでしまうことが度々あった。
  




 ________________

*2012年4月22日(日)
 南相馬/頑張っているボランティアの方々!!

 
南相馬でボランティアをやっている方々に、パン屋からラスクを毎月送っている。
 このボランティアの方々(原発事故から命と環境を守る会=大留代表)が
 「
仮設住宅の高齢者らが、暖かいビニールハウスで野菜を栽培して少しでも
  元気になってくれれば

 と、仮設住宅の高齢者の方々にビニールハウスをプレゼントした、という。
 昨年4月26日、南相馬の避難所を訪れたときの「ショック」を思い出す。
 そして、同8月に東海村から六ヶ所まで被災地を車でまわり、鬱状態に陥ってしまった。
 被災者でもあるボランティアの方々の頑張っている姿、ただただ頭が下がる。
 これからも、ボランティアの方々にラスクを送っていくつもりだ

 高齢の方に食べてもらうことを考えて、酵母のラスクは入れないことにしている。


     

○毎月、ボランティアの方々から写真や手紙が届く、一部を紹介する。

       
     (↑ ウッドペッカーのラスクを「世田谷のラスク」と紹介してくれているらしい。)


     
    (↑ 今回のビニールハウス組み立ての作業風景)

        


       
   

          
     (↑
仮設の人がドンドン元気になっていく!! 
     「世田谷のラスク」がみんなの おやつ に!!
)

 __________________
*2012年10月7日(日)
  2012.8-レポート(7)
    
岳温泉、避難路=114号線〜399号線、警戒線 
 
ここをクリックして下さい。


 ___________________

*2012年11月4日(日)
  南相馬で桜井市長と!!
   
○今朝、早起きして
 新幹線で福島まで行き、レンタカーで南相馬へ。
 草が生い茂っているハウス、カーテンの閉まっている家の飯館村、
 通るたびに寂しくなる。
 いつもラスク(ウッドペッカーの手作り)を届けている
 南相馬/ボランテッア「六角支援隊」の本部(ビジネスホテル六角)で
 南相馬市長/桜井さんと会った。
 
(桜井さとは、10年ほど前の田中康夫さんの選挙の手伝いをした仲だ。)
    
 1時間ほどだったが、脱原発、そして、桜井さんの著書「闘う市長」
 の本音 そして 裏側? も聞く事ができた。
     
 本の裏側には、
    

 明日は、パン屋で幼稚園/ブレッドランチの注文があるので
 早起きしなければならない。
 ゆっくりしたかったが、12時過ぎに失礼した。
 福島から帰りの新幹線、14時23分 は 満員!!
 指定席を確保していていたので、何とか座って帰る事が出来た。
     
昼飯は 会津 蔵出し弁当 ビール。
    
   2012年限定醸造
          東北限定 
        東北ホップ 100%
      
美味ですよ。皆さん味わって下さい。
     
 

 ________
*2013年8月2日
 
3.11 被災地を巡る旅−3年目−
  8/2〜8.3/9:00AM まで南相馬

  
宿泊--ビジネスホテル六角(ボランティア六角支援隊の本拠地)

 ボランティアのお手伝い!!
  私/後藤は2011年4月から、南相馬のボランティア/六角支援隊を少しだけ
  お手伝いさせてもらっている。
  毎月、パン屋/ウッドペッカーからラスクを仮設住宅の方々に送っている。

 今年6月、六角支援隊は仮設住宅の方々を元気づけようと、仮設住宅の脇に
 「田んぼ」を借り,田植えした。
 パン屋の仕事があったので、田植えの手伝いに行けなかった。
 
 8/2 「田んぼ」を見に行くと、田んぼの雑草「ひえ(稗)」(
)がたくさん生えて
 困っている。
 
田んぼの左側(白丸)等々に白く穂が出ているように見えるのがひえ(稗)
 
予定が何もないのが旅、そこで、草取りを買って出た
     
 
しかし、田んぼの草取り、始めての体験!!
  気楽に引き受けたのだが、す〜ごく大変!!
   1日(8/2)では草取りが完了せず、
    翌、8/3 朝5時 草取り開始!! 8時30分に終了(
)!!
   
 隣の仮設に住む方々も、「ひえ」がたくさん生えているのが
 気になっていたようだ。
 稲穂も出ており,稲刈りが楽しみだ。



 __________________
*2013年9月24日(火)
 
南相馬/仮設住民とボランティアの共有田
  六角支援隊の小池長沼試験田(田んぼ=51a )
    −稲刈りのお手伝い−
  
 9/22(日)、早起きして、南相馬/六角支援隊の田んぼの稲刈りに参加しました。
 南相馬のボランティア/六角支援隊が、仮設住宅にお住まいの方々に
 元気を出してもらおう!!と企画し、カンパ等で作った田んぼです。
 朝、3時20分-世田谷(東京)発、8時3分-南相馬/田んぼ 着。
 8時過ぎには稲刈りが始まるだろうと、ほとんど休憩なしで車を走らせました。
 私/後藤は、8月に南相馬を訪れたとき、2日間 田んぼの草取りをやったこと、
 そして、台風の影響は? と 素人なりに田んぼの状態が心配でした。
  
                           
()写真右上が仮設住宅です。
  しかし、一面の黄金色!! うれしくなりました。
  
 コンバインで稲刈りをするのですが、水草?がいっぱいはえていた取水溝周辺
 (相当広範囲!!)は、人力で稲刈り!! 腰がいたくなりましたが、何とか
 他のボランティアの若者達と一緒に刈り取りました。
  
 しかし、コンバインの威力はスゴイの一言。
 12時過ぎに稲刈りが終わって、昼飯をごちそうになり、とんぼ返り。
 帰り道の飯館村に「
飯館村-村議会議員選挙」の看板()がありました。
  
 投票日は22日、つまり今日!!。
 今(9/24 20:45)、ネットで飯舘村のHPを見ましたが、
 
「詳しくは後日送付される選挙のお知らせをご覧ください。」
 と書いてあるだけです。
 飯舘村は自然豊かな素晴らしい土地、車で走っていると
 如何に自然を大切にして暮らしていたか分ります。
 村議の選挙といっても住民は村に住んでいない。
 有権者/村民が住んでいない村役場の脇に選挙の看板
 飯舘村の方々の悔しさが、伝わってくるような選挙の看板でした。

 お米の放射能検査ですが、一週間前に行った事前の検査は合格でした。
 最終的に、9月29日に検査結果が分るそうです。
 六角支援隊は、来年も田んぼを作り仮設の方々に参加してもらおうと
 計画しています。
 最終検査に合格すれば、仮設にお住まいの方々も
 「
来年は米作り参加しよう
 と思ってくれるでしょう。

 ___________________
_
*2013年10月14日(月)
 南相馬での試験米=合格・・・届きました。
 グレープフルーツ入りクリームパン

○南相馬=天のつぶ

  
 先月(9月22日)、南相馬で試験田の稲刈りボランテッイアに参加しました。
 六角支援隊
(原発事故から命と環境を守る会)が、仮設住民とボランティアの共有田
  として作った田んぼ/試験田
(小池長沼試験田=51a )です。
  
−9/24のブログに写真が載っています。−
 刈り取った米の放射能の検査が合格し、六角支援隊
から精米した米が自宅に
 届きました。
 品種は福島県が開発した「天のつぶ」、草取り・稲刈りに参加した「米」です。
 味わって食べました。

 田んぼの隣にある仮設住宅の方も、検査に合格したことにホットして、
 来年は、もっと積極的に参加してくれる事でしょう。



2015年3月8日(日)
 紫カリフラワー

*去年の7月、紫カリフラワーの種を播きました。
 最初は順調に育っていましたが、虫にやられほぼ壊滅、残ったのは
 2株だけ(1株は瀕死の重傷)。
 何とか助かった株、背丈は1メートル程に成長、やっとカリフラワーに
 なりました
(↓)
   
 瀕死の重傷の株も何とか
(↓)?
        
 やっと、根付いて期待したのですが、
 網をかぶせるのを忘れていたら小鳥の襲来!! 
 小鳥は、カリフラワー・ブロッコリーの葉が大好き
 この有様です。

 
この「紫カリフラワー」、
  来週、ピザの上に登場!!
予定!!
   お楽しみに!! 

 


2015年3月1日(日)
 小Trip 
2015.2.16/東京新聞
  =現実と違う公約=

*東京新聞2015.2.16、安倍晋三にぴったりの記事を見つけました。
 「ショ−トリップ(小Trip)=世界のジョーク」というコーナーです。
  
(敬称略)


 記事の中の
  
フランスを「日本」に、
  大統領を「安倍晋三
首相」に、
  ドゴールを「橋本龍太郎
元首相」に、
 と読み替えてみて下さい。

 安倍晋三が「アンダーコントロール」と言放った言葉は、
 世界(IOC)に
対する公約=約束です。
 先日、福島第一原発の2号機の屋上からの高濃度の汚染水が
 雨水となって排水溝(K排水溝)をから、直接 海に流れていた事を、
 東電、原子力規制委員会も13年11月から把握していたにも関らず、
 放置していた事が分りました。
 安倍晋三の嘘が証明されました。
 ジョークでは、大統領は
 「(地獄に落ち)地獄の扉を開けると、ボロを着た友人らの姿が、
  目に飛び込んできた。鎖をはめられ、ごみを集めていた。」
 と書かれています。

 安倍晋三に「嘘」を認める器があるかな〜?
   
ーないだろうな〜!!!−
  首相席からの品格が疑われる下品なヤジ、傲慢な態度!
    
ー3代目の坊や、しかたがないか〜?−
   嘘の上塗り、次の嘘は・・・・・・・・・・。
     
ーそろそろ国民が目を覚ましますよ〜!!−



2015年2月22日(日)
 
安倍内閣の中身は???

*戦争お宅/ 安倍晋三(敬称略)
 以前(2013.4.29)のプログで「戦車に乗った / 安倍晋三」を取上げました。
  下の新聞記事の写真は、漫画でも修正したものでなく、
   本物の日本の首相「安倍晋三」が戦車に乗って、
    右手を上げています。
     手の上げ方が少し間違えば、
      ヒットラー そっくり君!!
       冗談では済まされません。  
   
(2013/4/28)東京新聞の4面()
  


*品位のない 安倍晋三
(敬称略)
 先日(2月19日)、民主党議員が西川公也農水相の献金問題について
 質疑している途中に、安倍晋三首相が突然「日教組!」とヤジを入れた!!
 よほど「日教組」が嫌いなのでしょうが、いくら何でも酷すぎます。
    
 偉そうな顔・口調で野党を罵る安倍晋三の国会答弁を聞いていて、
 
「これが日本の首相か!!」
 と
ガッカリする方・怒りを覚える方も多いと思います。
  
(戦争お宅+品位のない)首相=安倍晋三
 と言うところですかね??!!
  ネットを見ると以下の記載が
   
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000004-jct-soci
  
衆院予算委員会で、2日連続でヤジをめぐる応酬が続くという異例の事態だ。
   2015年2月19日、民主党議員が西川公也農水相の献金問題について質疑している途中に、
   安倍晋三首相が突然「日教組!」とヤジを入れたのが発端だ。
    
日本教職員組合(日教組)は民主党の有力な支援団体として知られているが、
   議員は「日教組のことなんか私話してないじゃないですか!」と反発し、
   翌2月20日には前原誠司元外相がヤジについて安倍首相を追及。
   安倍首相が反論めいた答弁をしたため、前原氏が「反省をしなさいって言ってるんですよ。
   反省をすべきだよ!」と激高する一幕もあった。
  
   *「日教組のことなんか私話してないじゃないですか!」
   安倍首相の「日教組」ヤジがあったのは、民主党の玉木雄一郎衆院議員の質疑の時間だ。
   玉木氏は、西川農水相が砂糖の関係団体から献金を受けたことを「ダミー会社を
   迂回させた脱法的な献金」だと問題視。
   「法の趣旨を考えると、こんなことを許している法律は改正すべきなんですよ!」
   などと訴えた。そこに安倍首相が
   「日教組!日教組!」
とやじった。
   玉木氏は 
   「総理、ヤジを飛ばさないでください。今私話してますから、総理。
   ヤジを飛ばさないでください総理。これ、真面目な話ですよ!
   政治に対する信頼をどう確保するかの話をしているんですよ」
   と強く反発したが、安倍首相は「日教組!日教組どうすんだ!日教組!」と続け、
   玉木氏はさらに
「日教組のことなんか私話してないじゃないですか!」
   と声を荒らげた。
   
大島理森委員長も
   「いやいや、総理もちょっと静かに」
   「ヤジ同士のやりとりしないで、総理もちょっと」
   などと安倍首相を注意するほどだった。
   玉木氏は旧大蔵省出身で、日教組とのつながりは知られていない。
   この時点で意味不明に見えた「日教組」ヤジの意味は、翌2月20日のやり取りで明かされた。
   前原氏から
  
「厳しく反省をしていただきたい。一言お願いします」
  
とヤジ問題への発言を求められた安倍首相は、
   「事実誤認が明らかである場合は、私がそれを思わず訂正したこともあるが、
   今後、静かな討論に心がけたいと、与野党お互いにそういう雰囲気を作っていくように、
   私も心がけていきたい」
   と答弁。これに対して前原氏は
  
 「ちょっと反省が足りないんじゃないですか?」
   
「農林水産大臣のときに、なんで日教組が出てくるんですか?
   そこでヤジを飛ばしたのは総理自身でしょう?」
   
と「日教組」ヤジの意味をただした。これに対して、安倍首相はこう答弁した。
   「言わば日教組は補助金をもらっていて、そして、教育会館というものがあるが、
    その教育会館から献金をもらっている議員が民主党にはおられる。それに対する質問を、
    かつて我が党がした時に、『これは別の団体だから関係ない』というのが、
    当時の民主党の政府としての大臣が答弁した見解であった訳でありますから、
    それをどう考えるかという指摘をしたところ」
    自民党は野党時代の2012年、日教組の支援を受けている民主党の神本美恵子参院議員が、
    日教組の本部ビルに後援会事務所や政党支部を置いていることを追及した経緯がある。
    当時、民主党は日教組の本部ビルを所有する「日本教育会館」と日教組は別法人で
    問題ないなどと反論していた。 今回、西川農水相も献金を受けた「精糖工業会」と
   「精糖工業会館」とは別法人で違法性はないという説明をしており、
    安倍首相としては民主党の追及が、いわゆる「ブーメラン」になりうることを指摘する
    狙いがあったとみられる。
    最後は大島委員長が「お互いに注意していこうではございませんか」ととりなす
    この答弁に対して、前原氏は
   
「これは全く反省してないですね、あなた。そのとおりだって、
   昨日は西川さんのいわゆる献金疑惑について玉木議員が質問して、
   それに対して、あなたはそこからヤジを飛ばしてたんですよ。
   聞かれたそれを答弁するなら分かりますよ。それを開き直って、
   また抗弁する。全然反省が足りないじゃないですか。
   反省をしなさいって言ってるんですよ。反省をすべきだよ!
   
激高。前原氏へのヤジも相次ぎ、前原氏は
   
「何が『偉そう』だ!」
   「この議場でその答弁席からヤジを飛ばす方が品位に欠けるじゃないですか。
   しっかりと反省をすべきですよ!」
   
と言い返した。結局、大島委員長が
   「お互いにそこは、この権威ある予算委員会を実りある議論をするためにも、
    お互いに注意していこうではございませんか」
    などととりなし、前原氏は
   「まあ、こんなくだらんことで5分も時間を使うというのは本当に情けない話」
    と
吐き捨てるようにして「本題」の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)
    中央本部ビルの売却問題に関する質問に移った。


*「さすがテロ政党」のヤジは自民党/山田賢司衆院議員
 『共産党の志位和夫委員長が衆院本会議の代表質問中に「さすがテロ政党」
 とヤジを浴びた問題について、自民党は2月19日、山田賢司議員がヤジを
 飛ばしたことを認め、共産党に謝罪した。』という事件です。

 自民党総裁/安倍晋三だけでなく、自民党/山田賢司衆議院議員がのヤジ。 
 こんな連中が国政を握っているのだから、お手上げです。
 
 ネットを見ると以下の記載が
   
http://www.sankei.com/politics/news/150219/plt1502190046-n1.html
  共産党の志位和夫委員長に対し「さすがテロ政党」とやじを飛ばしたのは、
  自民党の山田賢司衆院議員だったことが19日、分かった。
  山田氏は同日に国会内の共産党控室を訪れ、発言の撤回と謝罪をした。
  
やじは、志位氏が17日の衆院本会議の代表質問の中で、
  イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」問題を取り上げたときに発生。
  共産党が事実究明を求めていた。


*政治評論家も安倍内閣の暴走?に、危惧するコメントが増えて
 きましたが、遅すぎます。
 まともな自民党議員もいるはずです。何で、こんな安倍晋三について
 行くのでしょう!! 情けない話です。
 
 この安倍晋三
(敬称略)、私と同じ成蹊出身、肩身の狭い気がします。



2015年2月15日(日)
 
勝沼の地産地消

*勝沼で見つけた、
  ぶどう農家/ワイナリー/酒屋/ほうとう屋
 で地元が自慢する
地産地消を紹介します。

○先週/11日、久しぶりに 山梨の「ほったらかしの湯」に出かけ、
 湯船に浸り 日の出 を見てきました。
    
 上(↑)の写真は 、ほったらかしの湯から5分程の、笛吹川フルーツ公園駐車場
 からの眺めです。
  
湯上がりで 富士山を見ながら昼寝出来る最高の場所です。

○帰り道、勝沼/ぶどうの丘の近くで ほうとう を食べました。
 店のご主人と、ぶどう と ワイン の話! 
   =
勝沼で穫れたぶどうで作ったワイン=
 が店に置いてある、というのです。
   
勝沼にある大手のワイナリーは、山梨県産のぶどうでワインを作ってるが、
   ご主人の店に置いてワインは、
勝沼で穫れたぶどうで作ったワイン!!
 そこまで言われれば、勝沼のぶどうで作ったワインを買って飲まない訳には
 いきません。
 そこで、ワインの銘柄(錦城ワイン)と酒屋(新田酒店)を教えてもらいました。
 5分程の新田酒店 http://www14.plala.or.jp/nittawine/info.htm
 行ってビックリ!! 
  
ぶどう畑の中にあり、カーナビがなければ分らない場所です。
 勝沼にお出かけの際は・・・。必見の価値あり!!です。
 お目当ての錦城ワイン、一升瓶(↓)で購入しました。
 一本/1.8リットル=2240円
   
フルボトル/720mlに換算すれば、896円です。
    
 
もっと買ってくれば良かった!!と反省しています。
 車で勝沼に行ったら、一升瓶をお買い求め下さい。

地元でぶどうを栽培し、
  地元の小さなワイナリーで醸造し、
   地元の酒屋がプライドを持って販売し、、
    地元の飲食店/居酒屋で、客に提供する。

 これぞ、
  
地産地消
 と思いました。
 


2015年2月8日(日)
 
食彩の王国、満天☆青空レストラン,キッチンが走る

○衣・食・住、その「食」にかかわって40年が経ちました。
 「食」を通して日本を見ると、日本食がもてはやされているようですが、
 実は真逆な方向に進んでいないでしょうか?
 マクドナルドの異物混入等々で218億円の赤字、これも「食」=「銭」と勘違い
 していた結果といえるのではないでしょうか?
  
マクドナルドが銀座に1号を出店したのが、私/後藤がアメリカに遊びにいき毎日ハンバーカー
  ホットドックを食べた大学四年の夏(1970年)です。美味しかったのをよく覚えています。
 
 コンビニの「食」も、大手のパン・食品業界も似たり寄ったりです。
 
 「食」、その中でも発酵食品であるパン作り、毎日3時に起きという生活ですが、
 楽しい毎日が送れているのも、
自家製天然酵母のおかげ!!と思っています。
  *天然酵母の作方を教えてくれた「角田さん」、
    最初に焼けたのは「カチンカチン」のパン、
     これでもパン???と不安になりました。
  *天然酵母パンを焼き続けていくうちに、
    酵母から「自然・環境・美味さ」の素晴らしさ
     そして、人生まで教えてもらいました。
 
今、庭の片隅を菜園と称し、野菜・果物をつくり、パンの具材にしています。
 堆肥をつくり、20年以上 農薬・化学肥料は使っていないので、形は悪いけど、
 味は絶品と
自画自賛していますが!!!
  
グルメ/美食とは、自然を愛し 地域を愛し、自然の味が分る人
 「食」にグローバルリズムはなじまないと思います。
  この考え、間違っているでしょうか?
 
 「食」を「食=自然」と真正面から捉えている以下の3本のテレビを
 紹介します。
  
食彩の王国/テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/syokusai/list.html
  青空レストラン/日テレ http://www.ntv.co.jp/aozora/
  キッチンが走る/NHK http://www.nhk.or.jp/kitchen-wagon/program/

 多少の脚色はあるでしょうが、おすすめです。



2015年2月1日(日)
 
不起訴 処分通知書

○昨年3月30日に、当時の「みんなの党の代表/渡辺喜美」を刑事告発
 しましたが、先日、処分通知(
)が届きました。
 

     __________________________________________
    
     ________________________________________

 
これでは法治国家???でなく 放置国家!!!! なのでは??
 
*朝日新聞デジタル版の記事のコピーです。。
   
http://www.asahi.com/articles/ASH1G55SZH1GUTIL01M.html
  
みんなの党(解党)の渡辺喜美元代表をめぐる借入金問題で、東京地検特捜部は14日、
  化粧品大手ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長からの借入金について、渡辺氏を
  嫌疑不十分の不起訴とし、発表した。一方、渡辺氏が代表を務める政治団体が、渡辺氏へ
  の貸し付けを収支報告書に記載していなかったことについては、政治資金規正法に違反
  すると判断し、経理担当者を起訴猶予の不起訴にした。
   
渡辺氏をめぐっては昨年3月、吉田会長から計8億円を借り入れていたことが週刊誌の
  報道で発覚。2010年の参院選前に3億円、12年の衆院選前に5億円を借り入れたが、
  渡辺氏が関係する政治団体の収支報告書には記載がなかった。大学教授らが、同法違反容疑
  などがあるとして特捜部に告発していた。
   特捜部はこの借入金について、「渡辺氏個人の借り入れであることが否定できない」と
  判断した。同法は、政治団体としての収支の記載を義務づけたもので、政治家個人の
  収支報告は求めていない。このため特捜部は、同法に違反するとは言えないと結論づけ、
  嫌疑不十分とした。
   一方で、渡辺氏は10年の参院選前、自身が代表の政治団体「渡辺美智雄政治経済研究所」
  (政経研)の名前がついた口座から9千万円を借りた。9千万円は党へまた貸しされ、
  参院選の候補者の供託金として支出された。その後、渡辺氏は吉田氏からの借入金で同口座に
  9千万円を返済した。
   こうした収支は、政経研の収支報告書に記載がなかった。渡辺氏は13年にもこの口座か
  ら8千万円を借りたが、同じく収支報告書に記載されていない。
   渡辺氏側は当初、「口座は政経研とは切り離されたもので、収支を記載する必要はない」
  と違法性を否定した。だが、特捜部は口座の管理状況などから「政経研の口座」と認定。
  政経研の収支報告書に記載すべき資金で、不記載は同法違反にあたると判断した。
   ただ、最終的に渡辺氏側も「記載すべき」との見解を受け入れたことや、問題となった
  時期に口座を管理していた経理担当者は過去の担当者から引き継いだだけであることなどを
  踏まえ、起訴するほどの悪質性はないと判断。起訴猶予の処分にとどめた、としている。
   渡辺元代表の事務所は14日、DHC吉田会長からの借入金について「法に違反しない
  との説明を地検にも受け入れていただいた」とする一方、政治団体からの借入金については
  「地検から是正してはどうかとの強い指摘を受け、指摘に従った対応をすることにした」と
  する談話を出した。

昨年3月30日のブログのコピーです。
2014年3月30日(日)
 みんなの党/渡辺喜美代表を刑事告発
  −みんなで告発しましょう−

○久しぶりに東京地検に行ってきました。
 というのも、週刊新潮に掲載された
 
「みんなの党/渡辺代表」の8億円事件
 です。
 行革担当大臣、みんなの党代表の肩書きを持つ渡辺喜美という政治家、
 少しは行革を真剣にやってくれる!と期待した方も多かったと思います。
 もちろん選挙は「クリーン」に行っていると・・・。 
 しかし、裏では8億円のお金が動いていたとは・・・・・。

 3/26、朝のラジオで、週刊新潮で
  
渡辺/みんなの党代表の8億円についてのスクープ
 が掲載されている事が報じられました。
 昼休みに、週刊新潮をコンビニで購入し、読んで呆れてしまいました。
 猪瀬直樹の時は、仕事が忙しくてすぐに告発できず見送りましたが、
 今回の渡辺喜美/8億円は、すぐに対応する事にしました。
 丁度、私/後藤の政治資金収支報告書提出の準備中、3/28(金)に
 東京都へ提出しようとしていたので、ついでに霞ヶ関/東京地検に行く事にし、
 急いで告発状を書上げ、3/28 午後1時30分 地検で担当者に手渡しして
 来ました。
 
 政治が「絶対に守らなければならない」のは、約束/公約だと思います。
 もちろん法律を守ルコトは最低条件です。
 でなければ、「有権者は誰に投票するか」を決める事が出来ないと
 思います。
 
 国民なら誰でも、刑事告発する事が出来ます。もちろん無料です。
 以下、私/後藤が東京地検に提出した
  告発状←ココをクリックして下さい
 です。
−素人なので間違っている可能性が多分にあります。ご容赦を!!−
 渡辺喜美の行為が法律に違反し検察に事実が解明させようと
 思われる方は、是非、地検にご自分の言葉で告発状を書いて、
 郵送して下さい。




2015年2月1日(日)
 
こだわり バターロール

昔のバターロール
 何でバターロールっていうの? 素朴な疑問にお答えします。
   
パン生地を伸ばし、
     
バターを塗って
      
くるくる
        
丸めた
   ので、バター ・ロール と呼ばれていた!!
 
  と本に書いてありました。
 ウッドペッカーのバターロールも昔ながらの製法に拘り、
 加えて、パン生地の水分(
)には、水は使わず仕込んでいます。
     牛乳
     

     
そして、
     
よつ葉バターに含まれている水分=バターの約15%
 
これがウッドペッカーのこだわりです。

  



2015年1月18日(日)
 
やっとメニューを更新しました。

パン屋のメニュー
 正月休みに、自分で作っているこのホームページ
/ウッドペツカーを見て
 パン屋のメニューを更新していないのに
我ながら 呆れてしまいました。
 何とか見られるようなものになりましたので、ご覧下さい。
  
パンのメニュー ← ここをクリックして下さい。
 
 メニューを直していて「食とは何だろう」と考え込んでしまいました。
   *大手メーカーのパンは添加物だらけです。
       
と言うことは、極論すれば 
      添加物を食していること、
          
つまり、
      
体に良くないを飲んでいること
     厚生省は
なんでこんなパンを売る事を許可しているのだろう。
   *日本人は、「健康」に気を使っています。
         
医者、人間ドック
         スポーツジム、ウォーキング
         みんなの家庭の医学/テレビ

          なのに、
      日本人は添加物には無頓着
   
 知れば知る程、日本の食は乱れていると感じます。
 添加物だらけの食品を製造する大手食品会社は、マスコミのお得意さんです。
 テレビ番組や新聞記事に添加物を取上げたくても、マスコミ各社/担当者は
 スポンサーの顔色ばかりを伺っているのが実情です。
 マスコミには
是非 頑張ってもらいたいのです

 今年も、こんな事を考えながら楽しんでパンの研究に励もうと思います。



2015年1月12日(月)
 さわやか富士山
 自然薯のように「粘り強く」
 化けの皮が剥がれる年に!!

さわやか富士山!
 以前は、自宅の2階から富士山が綺麗に見えていましたが、
 今では、窓から身を乗り出して 背伸びをして この程度!!
 しかし、正月の富士山は素晴らしいですね。
   
 

今年も自然薯のように「粘り強く」!!
 ウッドペッカーの小さな菜園で自然薯を育てています。
 (自然薯は、掘り起こすのが大変です。そこで、ブロック塀に沿って敷石を立て
  塀と敷石の間に土を入れ、種芋を植え付けています。)
 これが掘り起こした「長さ-90cm」の自然薯です。
      
左が首(地上)、右が尻(地中)です
     
 勿論、無農薬・無化学肥料です。摺り下ろしても、スライスでも抜群の
 美味しさです。

 自家製天然酵母パンに自然薯とチーズとしてが登場しています。
           
   (自然薯をスライスし、プロセスチーズをのせ小麦全粒粉生地で
   包みました。150円)

嘘つき安倍政権の化けの皮が剥がれる年に!!!
  東京新聞に
  有権者の電話安倍晋三首相録音メッセージ流す
  てこ入れも図ったが・・・。

 と書かれた記事を読んで、
 安倍晋三を嫌っている国民が多くいるのに、こんな事をして
 阿呆な連中だ!と思いました。
 沖縄に続いて佐賀でも=自公推薦=負け
 正月早々、嘘つき安倍政権の化けの皮が剥がれる年を予感させる記事でした。
 <東京新聞の記事から>
  http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015011202000125.html
  自公推薦候補敗れる 保守分裂、山口氏初当選
  前職の国政転身に伴う佐賀県知事選は十一日投開票され、元総務省過疎対策室長山口祥義氏(49)
  が、前武雄市長樋渡啓祐氏(45)=自民、公明推薦=ら三人を破り初当選した。
  一部の自民党県議や、安倍政権の農協改革に反発する地元JAが山口氏を推し、保守支持層が
  分裂した。今月二十六日にも召集される次期通常国会で推進する農協改革への影響は必至。
  四月の統一地方選への懸念も与党内で強まりそうだ。
  無所属の新人四人による選挙戦の投票率は54・61%で過去最低。当選した山口氏は樋渡氏に
  約四万票の差をつけた。山口氏は当選後、佐賀市内で記者団に、農協改革を掲げる安倍政権に
  対し「押し付けでなく、地方でしっかり話し合った上で進めるべきだ」と求めた。
  選挙戦では、自民党を長年支えてきたJA側が「負ければ農協改革が進んでしまう」(幹部)
  との懸念を強め、知名度で劣る山口氏の浸透に全力を挙げた。
  
樋渡氏陣営には政権幹部が次々に駆け付け、支持を訴えた。有権者の電話に安倍晋三首相の
  録音メッセージを流すてこ入れも図ったが
、JAの離反が痛手となった。
   一方、新知事に判断が委ねられる九州電力玄海原発の再稼働や、陸上自衛隊が導入予定の
  新型輸送機オスプレイの佐賀空港配備の是非は山口、樋渡両氏ともほとんど触れなかった。
  ◆滋賀・沖縄に続き 自民また敗北
  佐賀県知事選は与党の推薦候補が敗れた。自民党にとっては昨年七月の滋賀、同十一月の
  沖縄両県知事選に続く敗北となった。
  沖縄、佐賀はいずれも党本部主導で候補者を擁立したが、地方組織をまとめきれず保守分裂
  を招いた。
  このところ、地方選で苦戦を強いられていることもあり、安倍政権は佐賀県知事選を
  「どんな手を使ってでも勝たないといけない」(政府高官)重要な戦いと位置付けた。
  菅義偉(すがよしひで)官房長官や自民党の谷垣禎一幹事長らが現地入りする総力戦を展開した。
  大きな争点は、安倍晋三首相が抜本的な組織の見直しに意欲を示す「農協改革」だった。
  与党は「改革派」として知られる元武雄市長を擁立したが、強引とも評される政治手法を
  疑問視する向きがあり、農協が全面支援した対抗馬に保守層が流出。一部の保守系首長や
  議員が担いだ元総務官僚に及ばなかった。
  農協改革に限らず、先の衆院選に際しての各種世論調査でも、与党が進める政策への評価は
  必ずしも高いと言えない。知事選では、政権に対する不満や批判がよりストレートに、
  結果として表れているという見方もできる。
  自民党の稲田朋美政調会長は十一日夜、「残念な結果となったが、引き続き経済再生、
  地方創生に最優先で取り組む」とのコメントを出した。 (生島章弘)

  



             戻る