行革110番 レポート No.131
   
                    2009.1.8. 行革110番  後藤雄一

       平成17年都議選/ガソリン代の返還状況の報告

<概要>
 行革110番が2007年から取組んでいた
 「平成17年都議選/ガソリン代公費負担の水増し請求事件」、
 昨年末(平成18年末)で返還状況を<別紙>の通り集計した。

<2008年度の返還状況>

 ガソリン代公費負担/水増し事件は、候補者等の「悪意」もあろうが、「勘違い」
「勉強不足」、そして「選管の対応の悪さ」が要因で起きた事件であろう。
 行革110番の監査請求で指摘されたほとんどの候補者は、2007年末までに返還した。
 返還しなかった候補者に対しは、2008年1月 東京地検に書類を提出していた。

 そこで、2008年12月末情報公開請求し返還状況を確認したところ、下記12名が
返還していた。
しかし、6万円を超え未だ返還されていない候補者が2名いる。