行革110番 レポート No.4
          2001.926. 行革110番 後藤雄一

         応招旅費の電車賃を除き
         法務局に供託しました
 
 行革110番は、応招旅費は「自宅と都庁の間の、公共交通機関による最短距離」
(都庁職員の交通費の計算と同じ)と主張してきました。
 そこで、最初の応招旅費を受け取ったので、差額「9740円」
    都からの受領額・・1万円
    自宅(明大前)から新宿・・・260円
    供託額・・9740円
を、法務局に供託しました。



                  戻る