行革110番 レポート No.12.
          2002.1.30. 行革110番 後藤雄一
    
         都営団地自治会が団地内で
           駐車場経営!
          監査請求しました


<概要>
  東大和市桜ケ丘3丁目都営住宅16号17号(以下「本件団地」という)の敷地内で、
自治会(以下「本件自治会」という)が駐車場経営を行っていた。
 本件団地は、住宅供給公社が管理している公営駐車場が42台分ある。
しかし、本件自治会は都営住宅の敷地内の空いたスペースを利用して、独自に23台分
の駐車場をつくり、1台6000円で本件団地住民に貸していた。
 約9年前から行われていたということである。

<違法事由>
 本件自治会が本件団地の空き地を無断で駐車場として利用していたことは、
行政財産の無断使用にあたり、本件団地住民に1台当たり6000円の料金を
徴収していたことは、不当利得に当たる。
 当然、都の財産上における本件自治会の不当利得は、
都に返還させなければならない。

<措置請求内容>
 1. 本件自治会に対し、本件不当利得分を過去にさかのぼり返還させろ。
 2. 請求人が調査したところ、住宅供給公社の担当者より、多摩ニュータウン
  「和田団地」自治会も同様の駐車場をつくり料金を徴収しているとのことである。
  和田団地自治会からも不当利得分をかこにさかのぼり返還させろ。
 3. また、上記住宅供給公社の担当者は、和田団地以外の多数の都営団地でも本件
  同様の駐車料金を徴収している、と話している。
   そこで、早急に、全ての都営住宅を再点検し不当利得分を過去にさかのぼり
  返還させろ。
 4. 今後、都営住宅内のスペースを有効に利用し、都として駐車場収入の増収を
  はかること。

<事実証明書>
1. 本件自治会の「平成13年12月分会計集計報告」
2. 本件自治会車両部長作成の
 「駐車場に対するアンケート調査協力へのお願い」
 「駐車場アンケート&委任状(1月13日PM7:30迄に)
_____________________________________________________________





                  戻る