行革110番 レポートNO.41
          2003.9.11 行革110番 後藤雄一

           都・監理団体(別紙)を
         源泉徴収義務違反で
     税務署に厳正に指導するよう告発しました



         告発状
 各税務署長殿
                    2003.9.11. 

       告発人  東京都世田谷区松原4-37-6 
            電話 5320-7281 
            東京都議会議員 行革110番 後藤雄一
            

 所得税法183条に源泉徴収義務が定められている。しかし、多くの東京都監理団体は、
非常勤の役員(理事・監事)、及び、評議員に対する源泉徴収義務を怠っている。
 別紙の内、所得税法183条違反している団体に対し、国税通則法72条の規定に従い、
5年間さかのぼり、税の公平性を担保するためにも厳正に法を適用するよう求める。

 本件は以下の理由により、社会的責任が極めて高く、放置すると「税の公平」
を歪めるばかりか、国民・都民の納税意識を失わせる、よって、法の精神に則り厳正に
対処するよう求める。
1. 本件源泉徴収義務者は、徴税権を有する東京都監理団体である。
2. 本件金員受領者は、多くの都議会議員が関与している。

 告発内容
   所得税法183条・・源泉徴収義務違反



              
                  戻る