行革110番 レポートNo.51        
          2004.3.30 行革110番 後藤雄一

                
監査請求
          府中病院検査科飲酒事件
          酒専用-冷蔵庫の電気代

1) 概要
 都立府中病院検査科休憩室には、家庭用冷蔵庫が3台、ショウケース型の冷蔵庫が1台
の計4台備えられてある。詳細は以下通りである。
●休憩室左端に置かれた、都立府中病院検査科飲酒事件に使われた酒専用の冷蔵庫。
●中央に置かれ、ワインが4本、そして、2リットルのペットボトルが6本、その他、
ジュース類が多量に収納されている冷蔵庫●中央に置かれ、ペットボトル等が大量に
収納されている、ショウケース型冷蔵庫。●右側に置かれ、発泡酒が1本、調味料等が
収納されていた冷蔵庫。
上記冷蔵庫の内、都立府中病院の検査業務を行う現場の休憩室なので、福利厚生の為に、
1台の冷蔵庫の貸与は認められるだろうが残りの3台は不要である。
そのうえ、酒専用の冷蔵庫、中央に置かれたワイン4本、ペットボトル等が入っていた
家庭用の冷蔵庫、そして、ペットボトル等の飲料が収納されたショウケース型の冷蔵庫
は福利厚生として認められるものではない。
 これら冷蔵庫の電気代は、税金で賄うものではないことは当然である。
2)措置請求
 よって、上記3台分の過去1年分の電気代を都立府中病院長の自己の負担で都に返還
させろ。また、上記3台の冷蔵庫を撤去し職員が求めるなら、自動販売機を設置しろ。
 都立府中病院検査科飲酒事件を、法廷の場で明らかにしていきたい。



                  戻る