行革110番 レポートNO.86
                2006.4.11 行革110番 後藤雄一

   
東京オリンピック基本構想懇談会
        議事録/非開示取消訴訟


<概要>
 行革110番は、2016年のオリンピックを東京に招致するにしても、都民に全体像も
示さないのはおかしい、と主張しオリンピック招致決議にも反対しました。
 オリンピックはスポーツの祭典!! しかし、東京でなぜ?という疑問を持つ都民は多いと
考える。

 そして、石原知事は東京ならIOCが求める「コンパクト開催」を実現できるというが、
この交通・道路事情の一つを取ってみても大混雑している東京でコンパクト開催出来る
だろうか?
 
 行革110番は、オリンピック招致の「透明性」を確保する必要があると考え    
東京都が行った以下の2点の「非開示処分」の取消を求め、本日東京地裁に提訴した。
  「東京オリンピック基本構想懇談会」の議事録
  「東京オリンピック招致準備の基礎調査委託の報告書」




                  戻る