行革110番 レポートNO.99
                  
2007.5.17  行革110番 後藤雄一

         水道局の隠蔽体質
        口座振替の50円割引
       申請書類を1年近く放置!!

概要)
1. 東京都水道局は口座振替のお客様には「50円/月」の割引をしている。
2. 手続きは、
    お客様→銀行→水道局お客さまセンター
    お客様が「申し込みはがき」→水道局お客さまセンター
3. 上記お客さまセンターに届いた申込書の中には
 「記載等の不備のある申し込み」がある。
 これら記載不備の申込書をお客様センターから各営業所に戻し、担当者が不備な
 箇所をお客様に問い合わせ調査し訂正する作業を行う。
4. ところが、東京都水道局中野営業所(中野区中の1-5-7 電話363-2171)に
 戻された申込書を、担当者が処理しきれず「机の中」に隠していた。
 (行革110番が入手した情報では、放置した申込書は2,500件)
5. この作業は、通常だと1〜2ヶ月で完了するのだが、この担当者は1年近く
 放置していた申込書まであったことが判明している、という。

発覚・隠蔽の経緯)
1. 4月中旬、中野営業所で「担当者が確認すべき申し込み書の放置」していた
 ことが判明。
2. 5月初サービス推進部から水道局長に報告。
 そして、マスコミ発表しないことを決定、したと言う。

 本日、水道局サービス推進部に確認したところ、
「事実関係の大筋は認めた、現在調査中」との回答であった。


    
            戻る