行革110番 レポート No.105
                  
2007.7.6. 行革110番  後藤雄一

           石原知事/専用公用車
         「
逗子別荘まで送迎
            監査請求


監査請求の経緯)
 行革110番は今年3月6日、石原知事が山中湖の別荘への公用車送迎を
監査請求したところ、却下されたので5月1日東京地裁に提訴しました。
そして、今週7月4日第1回弁論が開かれ、
石原知事の別荘への公用車使用は不当利得であり、都知事・石原慎太郎が
石原慎太郎に対し請求権を行使しないのは違法である

という行革110番の裁判の組み立てが認められ、被告東京都に次回「反論」
するようにと裁判長から一言がありました。
 これで裁判が進みだしました
 石原知事は逗子の別荘にも公用車で送迎させていた運転日誌があります。
そこで同じ別荘への送迎に公用車を使ったケースを監査請求することにより、
「山中湖の別荘/公用車使用」の監査請求を「却下」した監査委員が、
今度はどのように判断し監査結果を書くか????
 感心があるところです。 

概要)
 以下の一覧通り、平成18年7月11日、18日、知事専用公用車「センチュリー」
が石原知事を迎えにいくため、朝7時すぎ、都庁を出発し、逗子へむかった。
また、7月14日は箱根町から直接逗子に向い、公用車はそのまま庁に戻っている。

 石原知事公用車使用一覧/逗子別荘まで
 月日 曜日  使用時間            残業代
 7/11 火   新宿(7:15)→9:30(逗子)→新宿→庁  770円
 7/14 金     途中箱根から逗子に!!     1540円
 7/18 火   新宿(7:00)→8:45(逗子)→新宿→庁  770円

措置請求)
 石原知事は逗子の別荘があり、本件は石原知事の別荘まで送迎したものと考える。
 知事専用車であり、「自宅←→都庁」の間の送迎は認められている。
しかし、別荘までは認めていないはずである。
 地方にある別荘までの送迎を認めれば、リゾートで出かけるホテルまで公用車での
送迎を認めることになる。公私混同は慎まなければならない。
 本件石原慎太郎知事の公用車の使用は、別荘まで送迎として私的な使用であり
不当利得に当ることは明白である。
 よって、逗子の別荘までの送迎の経費を石原慎太郎の個人の責任で賠償させるよう求める。

返還請求額)
 逗子までの送迎に要した
 1)運転手の人件費(早出残業の割り増しも含む) 
 2)高速道路代
 3)ガソリン代  
 4)その他諸経費
    __________________
  
    _________________
 
   __________________________
  
   ________________________
  

    
            戻る