行革110番 レポート No.115
                  
2008.1.17. 行革110番  後藤雄一

            平成17年・19年都議選    
          
公費負担のポスター代・2都議が返還!!!

 

<概要>
 情報公開で入手した文書より、17年の都議選では北区選出の大松成・都議が
681,150円
19年都議補選では足立区選出の三原将嗣・都議が847,000円
それぞれ公費負担のポスター請求に関し、返還していたことがわかったので
お知らせします。

大松都議の返還した文書を見ると「平成17年の東京都議選の
ポスター制作費用について、請求金額に誤りがありましたので、
681,150円を返金します」と書かれ、19年11月26日「(株)みずほ」
から返還されている。!! 
大松都議は、17年当時、ポスターを680枚作成し、1枚当たり単価が
1,380円、938,400円と請求していた。
それが、昨年暮れ、1枚当たり単価を1,380円でなく、378円30銭         に訂正している。
何と7割以上を水増ししていたことになる。   
     
●三原都議は、19年4月に行われた都議・補欠選で当選した。
平成19年の都議補選のポスター代の請求で誤りがあったとして19年6月20日、
「(株)巧文社」から「847,000円」を返還されている。

 当初は「単価が930円」と請求していたが、「160円」と訂正している。




              戻る