行革110番 レポート No.117
                  
2008.2.19. 行革110番  後藤雄一

            オリンピック招致
           早稲田通りの「のぼり旗」       
           軽犯罪1条33項/違反!?


<概要>
 「杉並区高円寺の早稲田通り沿い、オリンピック招致ののぼり旗が立てられている。
風向きによって歩道や車道にはためき、交通を阻害している。
ガードパイプに厳重にくくりつけられたのぼり旗は、法律違反と思うが
オリンピックののぼり旗は法律違反にならないのか?」
と、住民からの告発に基づき調査したとこみろ、告発通り早稲田通りの商店街に、
「31本もの真っ赤な旗」がガードパイフに縛られていた。
 杉並警察に問い合わせると、許可は出していないことがわかり、警察は地元商店街に
撤去を指導することになった。
 軽犯罪法 1条33項 
   みだりに他人の家屋その他の工作物はり札をし、若しくは他人の看板、禁札
  の他の標示物を取り除き、又はこれらの工作物若しくは標示物を汚した者

 この「オリンピック招致の旗」は、都・産業労働局の「新・元気を出せ商店街事業」
の予算うちの一部、1億2,000万円の事業だ。
 杉並区商店連合会東京都の補助で制作した「3,700本」の旗の一部だった。      
  費用は26,013,609円
   このうち
4/5・・東京都・・・・・・・・・25,987,009
       
1/5・・オリンピック招致委員会・・5,224,609
  が補助する。
  この補助金では、旗の制作、設置、撤去だけでなく、この「旗」の事業を
 周知するための経費として「福引券等の印刷費、景品、大道芸・コンサートの出演料、
 傷害保険料、バイト代」まで至れり尽くせりだ。

  警察も、巡回点検に来る都庁の職員も、知事肝いりのオリンピック招致の旗に
 手を出す都庁職員・関係者はいないだろう!!!!

     _____________________________________________


 __________________________
       
軽犯罪法
           
 昭和23(1948)年5月1日
              法律第39号改正 昭和48年法律第105号

第一条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
 三十三 みだりに他人の家屋その他の工作物にはり札をし、
    若しくは他人の看板、禁札その他の標示物を取り除き、
    又はこれらの工作物若しくは標示物を汚した者
第二条 前条の罪を犯した者に対しては、情状に因り、その刑を免除し、
    又は拘留及び科料を併科することができる。
    __________________________________________________
 


              戻る