行革110番 レポート No.118
                  
2008.3.10. 行革110番  後藤雄一

       東京都交通局組合幹部/ボーリング大会で       
         
職務専念義務違反の疑い! !

<概要>
 交通局の職員組合「東京交通労働組合」は平成19年8月24日、田町ハイレーンで
16時からボーリング大会
を行った。
職員がボーリングを楽しむことは問題ない。しかし、勤務時間中のボーリングは、
当然、違法行為に当たる。
 当日、行革110番が現場調査を行い、本件組合幹部職員の職務内容が記録された
関係文書を情報公開で入手し分析したところ、東京交通組合幹部である11名の職員が
職務時間中にボーリングを行っていた可能性が高く、「職務専念義務違反」と考えられる

 この内、渋谷営業所職員は、休暇処理簿に何らかの記載がある(休暇等のプライバシーの部分は、黒塗りで
非公開)。しかし、休暇を申請していたとしても、ボーリング場では16時前から練習が行われており、
渋谷営業所を15時15分に出ても間に合わないと考えるので、監査請求の対象にした。

 そこで本日、
監査委員は本件関係者から事情を聴取し、違法行為が確認されれば、
本人から給与を返還させるだけでなく、交通局長等に対し厳正な処分を求める。

との監査請求書を提出した。


問題点)  
1. 本件は東京都交通局の職員組合「東京交通労働組合」の組合幹部職員11名が、
 仕事をしているように見せかけた組合ぐるみの極めて「悪質」な行為である。
 また、所属長の「所長、副所長」の印鑑があるものも多く、所属長等が職務専念義務違反を
 「容認」していたことが明白であり、交通局ぐるみの事件である。
2. 交通局局長以下幹部の組合に甘い体質が、本件のような「職務専念義務違反」を
 恒常的に行わしており、抜本的な改革をする必要がある。
     ___________________________________
   
     ____________________________
 (↑ 早稲田営業所の組合幹部の「勤務記録簿」。15時15分以降の記載はない)

   
     ____________________________ 
 (↑ 田町ハイレーンのインフォーメーション、「東京交通労働組合様」とある)

   
     ___________________________
 (↑ ボーリング大会!!)

              戻る