行革110番 レポート No.122
                  
2008.4.21. 行革110番  後藤雄一

          島に赴任する都の職員
            (
家族を含む)
             だけが
         ガソリン代が安い訳!

概要)
○告発!!
都の職員、そして職員の家族のガソリン価格、島民より格安だ、調べて欲しい。
との告発があり調査をすると、島に赴任している都職員だけが「格安なガソリン」を
給油できる事が判明した。 
 3月24日、本土の価格が145円のころ、一番安い大島は190円(55円高)、
神津島は225円(80円高)、小笠原は235円(90円高)と高い価格で給油しているのが現状です。

○格安価格の訳!!
 しかし、島しょに赴任した都職員が「東京都区職員生活協同組合」に加入し、そして
ENEOSカードにも加入しガソリンを給油すると、「都区職員生協」のホームページ記載()の
格安価格が適用される。
     ____________________________________________

     ___________________________________________
 (↑ 暫定税率が廃止される前の旧価格。「都区職員生協」のホームページより) 


 
 (↑ 暫定税率が廃止され25円、税金が下がった価格。「都区職員生協」のチラシより)

 都区職員生協は「職域生協」で、都と23区の職員しか加入できない。つまり、
島に赴任する東京都職員だけが島しょ部で給油できることになる。
 ※「都区職員生協」のホームページの「パスワード」は、ユーザー名・パスワードは
coop」と入力して下さい、との記載が都区職員生協のチラシにある。


家族のカードまでOK!!
 都区職員生協のチラシ()に「利用上の注意」で細かに「島しょには格安価格」が設定され、
「家族カード-2名」まで作れると書かれている。
 


島に住む方々から、「ずるい公務員」!!!と怒りのメールが!!
 *狭い島の中で、金を握る東京都の職員だけが安いガソリン、
  その上、都の職員は離島に赴任すると離島手当てがもらえるはずです。
  にも係らず、さらにガソリンの優遇なんて信じられません「ずるい」でよね。

 *離島振興計画とは名ばかり、自分たちだけいい思いするのは「ずるい!!」。

●行革110番のコメント
 東京都は直接関係ない、という。しかし、狭い島しょに赴任し、離島振興計画に基づき
事務を行う都職員として最低だ。 即刻、カードを返還すべきだ。



                戻る